‘鍵交換’ カテゴリーのアーカイブ

大田区にて玄関解錠の作業

2014年12月10日 水曜日

こんにちは!

最近友人がいいギターを買ったようなので、悔しいからこっちも自分用にギター作るか。とか考えてるけどそんな暇が無い事に気づいてしまった鍵屋レコメンドの不肖長島です。

 

玄関の解錠依頼で蒲田まで行ってまいりました。

地図を見ると現場は商店街のど真ん中。車停められるかなー?と思いながら向かいます。

 

いざ現地に着いてみると近くにはコインパーキングがたくさん。

なーんだ大丈夫じゃん。

・・

・・・・・

・・・・・・・・

!?

 

計30台分くらいのコインパーキングが全部埋まっとるやないかい!

おかげで10分くらい狭い道をぐるぐる回ってしまったじゃないか!

 

やむなし。

 

少し遠くの駐車場へ停めます。道具を持って移動するのがひ弱なボクチンには辛いです。

 

さて現場ですが、場所が分かりづらく多少迷った挙句、明らかに普通じゃない道具を携えきょろきょろと挙動不審なチビっこを、お客様が見つけてくれて声をかけてくださるという恥ずかしい方法で到着。

MIWAの旧ディスクシリンダーが付いていました。

おぉ、久しぶりに当たったね~。

DSC_1034_R

現場で写真撮り忘れたので先日の記事で使った写真の使いまわしですが。

これと同じタイプです。

 

基礎の基礎。鍵屋になって最初に練習するシリンダーです。

鍵穴から容易に解錠できます。

 

かちゃ・・

 

かちゃかちゃ・・・・

 

ぱっち~ん☆

 

数十秒で開きました。

一時期外国人窃盗団の標的となったシリンダーで、マスコミなどにも大きく取り上げられました。

 

今回は、キーも無い事だし交換してくださいということでしたが、このシリンダーに当たった時はお客様にも一応その辺の説明はします。

でも決して押し売り的なことはしませんよ~

 

DSC_1019_R

ということで交換も完了。

現行品の防犯性の高いシリンダーになりました~。

 

帰り道の商店街でレンタル落ち爆安売りのCD売ってるお店をちょろっと覗いて戻りました~。

 

 

玄関の補助錠、鍵交換作業

2014年12月9日 火曜日

こんにちは!

寝るときは昇龍拳みたいな体勢が落ち着くレコメンド川崎の長島です!

898e559f

623+P

 

 

さて、今回の作業は玄関の補助錠の交換です

キーをすべて紛失しており、誰かが在宅中に内側から補助錠の施錠をされると外から開けられない。

在宅している家族を呼べば中から開けられるがどうにも不便です。紛失もしてるしいっそ交換で。

・・・ということらしいです。

 

DSC_0986_R

その鍵はこちら。

MIWAの補助錠NDZのURシリンダーです。

鍵穴の形状が欧米人のサイン風というか・・・・

昔のナショナルのロゴ風というか・・・・

139550397157474943227_30333

 

ともかく交換でございます。

在庫のある中からU9シリンダーへ交換いたしました。

DSC_0987_R

はい。

 

この玄関には元々2ロックの鍵が付いていますが、そちらはMIWAの旧式ディスクシリンダーでした。

DSC_1034_R

「く」 というか 「ト」 というかそんな鍵穴の形状をしています。

 

これは正直非常に防犯性の低いシリンダーです。

お客様にはせっかくなのでこれからは補助錠もしっかり使うことをお勧めしました。

・・・・この旧式のシリンダーも交換推奨ですが今回のご依頼はあくまで補助錠のほうですからね。

 

依頼があればすぐに交換に伺います!

茅ヶ崎にて鍵交換作業

2014年12月5日 金曜日

こんにちは!

遅れてきた秋の夜長。寒くなってくると夜更かししちゃう派のレコメンドロック長島です!

 

さて今日は先日用意したシリンダー(こちら)を持って鍵交換をしてまいりました。

場所は茅ヶ崎。ん~なかなかの距離

 

交換は先日用意したシリンダーを取り付けるのみ。交換方法も単純なものですからチャチャ~っと終わらせましょう。

 

・・・

 

はい一箇所おわり~

 

・・・・・

 

はい二箇所終わり~

 

・・・・・・・・

 

はいさんk・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

はい、・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

は・・・・・・

 

・・・・・・っっっ!!!

 

三箇所目が!!!

MIWAのHM(握り玉タイプ)ですがねじ込みが硬くて外れん~

こうなれば多少の傷は覚悟でプライヤーで思いっきりはさんで外すしかない。

お客様に断りを入れてから「ふんぬっ」

10分以上は格闘した。

・・・ねじ込みで外すのは内側。交換するシリンダーは外側。

内側は通常そのまま再利用ですから、できれば傷は付かないほうがいい。

DACⅡとかみたいにレンチ穴とかで外せるようになってりゃいいのに。。。

 

などと手こずりながら交換完了。

DSC_0975_R

これが二箇所と~

 

DSC_0974_R

これが一箇所

 

計三箇所が同一のキーで操作できるようになりました~

 

鍵交換へ向かう下準備

2014年12月4日 木曜日

こんにちは!

冬は眠い。→朝起きられない→夜も早く寝てしまう→部屋が散らかってしまう。という負のスパイラルに捕らわれているレコ面倒くさがりの長島です!

 

今度鍵交換をする案件のために下準備をしました。

DSC_0965

ばらばら~

 

またこれかって感じで最近MIWAのシリンダーの分解ばっかりしています。

今回は3箇所の鍵を交換。すべてを同じキーで回るようにします。

メーカー発注で純正のものは用意できますが、納期がかかるので時間の都合が付かないときはこのように我々がシリンダーを組み立てて作ります。もちろんお客様にはちゃんと説明してありますよ~

 

DSC_0966_R

できました~

握り玉のドアノブ一体型のものと、鍵穴だけが付くもの。取り付け方法が違ってもシリンダーの種類が同じなら同一仕様にできます。

 

これでいつでも取り付けに向かえますゾ~

川崎市多摩区にてマンション玄関の鍵交換

2014年12月1日 月曜日

こんにちは!

え?なんですか?

ポケモン?もちろんやってますよ!新作出ちゃいましたからねぇ~ゲヘヘ

ポケモンマスターに、俺はなる!(ドンッ)マサラタu・・・・・レコメンド川崎の長島です!!

 

さて、マンションの鍵交換ですこーし珍しい(?)ものを見ました

DSC_0947_R

はいこちら、いつもの美和ロック社のU9シリンダーです。

よく見てよく見て~・・・・

 

DSC_0948_R

カム送り対策用のディフェンススペーサーだ!!!!

実物初めて見ました。

 

カム送りというのは、シリンダーの周りのカバーの部分を浮かせてその隙間から扉の内部の錠ケースを直接いじり不正解錠する方法です。

一昔前にはだいぶ横行したようですが、今はこのスペーサーも含め対策はだいぶ進んでいます。

 

ちなみにこの物件では、内部の錠ケースも対策品であり、仮にスペーサーが無くともカム送り解錠はできないものでした。

たとえばMIWA製品であれば、フロントの刻印の下に「_」つまりアンダーバーがあるものが対策品です。

DSC_0907_R

以前の記事で使った他の物件の写真ですが。

「MIWA LA・MA

このように刻印されています。

加えてスペーサーも付いていれば2重の対策となり安心ですね。

 

横浜市鶴見区にて鍵交換をしました

2014年11月29日 土曜日

こんにちは!

肉が食いたい!肉が食いたい!ビールとうまい肉を食わせろぉぉぉ!!!!うわぁぁ!!!レコメンドロックの長島です!

 

さて、鶴見区でテナントの鍵交換をしてきたのですが、内装工事の業者さんとご一緒でした

この前もこんなことがあったような・・・

まずは裏口のアルミ扉の鍵交換。こっちは単純交換。問題なし。

・・・だと思ってたらなんか台座が少し枠に乗り上げてるし。

元々付いていたものもその状態だったし、お客様に確認してもらったところ、「OK」頂きました。

 

さてもっと大きな問題があったのは店舗側・・・なのかな?ガラス扉のほうの鍵です。

DSC_0944_R

こんなやつ。

DSC_0943_R

横からビスで留まってるのか。ふむふむ・・・

じゃあまず外して・・・

用意されていた交換用のシリンダーを・・・

 

・・・

・・・・・

・・・・・・・・

 

おぉっ!?

 

ハマらないではないか!

なんじゃこりゃぁ・・・・

固定の仕方が既存はビス留めだけど用意したものはピン留め。径も違う。

う~む・・・?

 

いくらか悩んだあげく

「え~いっ♪」

シリンダーをドリルでゴリンゴリン加工してやりました。

DSC_0946_R

で~ん

交☆換☆完☆了

DSC_0945_R

ありもので使ったのでビスがプラスに・・・・

 

結局後々調べてみたら旧型の製品のようで、現行品とは取り付け方法が違ったようですね。。。

 

葛飾区にて玄関の鍵交換

2014年11月28日 金曜日

こんにちは!

良くないことは重なる派!星のめぐりの悪いレコメンドロックの長島です!

 

今日も不動産会社様からのご依頼で管理物件の鍵交換に行ってまいりました。

葛飾って遠いねぇ

 

DSC_0929_R

 

美和ロック製のPRシリンダーです。

 

さて、現地のキーボックス内に他の空き部屋の鍵が保管されており、

その空き部屋の中に該当の部屋のキーが保管されているとの事。

RPGのお使いイベントみたいだね。

 

どれどれ・・・

 

ごそごそ・・・

 

ん~・・・?

 

な、無いけど・・・?

 

おいおいマジかよ。ご依頼元へ連絡をしてみるが、「あるはず」と。

むむ~?

そもそもPRの種類のキー自体が見当たらないが・・・・

 

と、暫くウロウロしていると依頼元からの電話。

「ここそこの他の部屋にあるようです」

 

oh・・・

 

無事キーをゲットして交換です。

DSC_0923_R

日本カバ製のカバエースに交換。

どことなくシャレオツ

 

一時は「解錠作業して交換」なんて案も出てましたが、

DSC_0921_R

裏側は防犯サムターン。

入居前物件ですしまったく傷つけずに解錠は困難だっただろうなぁ。

 

 

 

玄関の鍵交換。杉並区にて

2014年11月26日 水曜日

こんにちは!

今日が何曜日か分からない。そんなふうになってもう10年以上が経ちますか・・・・レコメンド川崎の長島です!

 

杉並区にてマンション玄関の鍵交換作業をしてきました。

DSC_0906_R

何度もご紹介してまいりました。MIWA製のU9シリンダー。

「W」のような鍵穴の形が特徴です。

 

DSC_0909_R

同じ製品に交換。作業時間は5分ほどで、すっかり見た目も綺麗になり、

鍵の抜き差しや動きもスムーズに!

新品っていいですね。

 

鍵交換のご依頼を頂くときに、お客様に現状の鍵のメーカーと品番をお尋ねすることが多々あります。

というかほぼ必ずお尋ねします。

電話口でお客様に品番を確認していただけると、交換可能かどうか?在庫はあるか?料金はどのくらいか?

といった事がほぼ確定できるからです。

ところが結構この品番確認がてこずる事が多い。。。

なぜならば

 

「品番ってなに?」  「どこに書いてあるの?」

 

そりゃそうです。

一応電話口でも詳しくご説明をしますが、やはり言葉で伝えるのは難しいことが多いですね。

ずばり!

DSC_0907_R

ここです!

扉の側面に掘り込まれた刻印が見えるでしょうか?

今回であれば「MIWA」というメーカー名と、「LA・MA」という品番が確認できます。

おおむねこの位置に刻印があることが多いです。

鍵交換ご希望の際はこのメーカ名と品番をお伝えいただければ非常にスムーズです。

 

以上、レコメンドロックの長島でした!

 

三鷹市にて玄関の鍵交換

2014年11月25日 火曜日

こんにちは!

料理は好きです!掃除は好きです!洗濯は嫌いです!レコメンドロック長島です!

 

さて、今日もお得意様の不動産屋さんからのご依頼です。

三鷹市で2件ほど入居前の鍵交換をしてまいりました。

 

1件目はこちら。

DSC_0915_R

MIWA製のPRシリンダーです。

既存のシリンダーも綺麗で、交換も同じものへの交換だったので見た目は全くと言っていいほど変化なし!

しかしちゃ~んと別の鍵になっております。

エンドユーザーのお客様の中にはたま~に「見た目変わってないけど変わったの?」なんておっしゃる方もいます。

大丈夫です!変わってますから!

キーをお渡しして試していただくと「おぉっ」となる。

そんな事もあります。

 

続いてはこちら~

DSC_0911_R

SHOWAのトステム向けシリンダーです。

 

今回は互換性のあるMIWAのシリンダーへ交換です

DSC_0913_R

どば~ん

再びのPRシリンダー

見た目がちょっとゴツくなりました。

交換は簡単単純なのでものの数分で終了です。

 

この現場には塗装の業者さんが入っていて、ご一緒に紛れて作業しました。

帰りがけに塗装業者さんたちが出前を取っていて、「そば屋のカレー」という定番の旨そうなもの食ってました。

作業ではなく食事のほうでご一緒に紛れたかった~。

 

川崎市中原区にて玄関の鍵交換をしました

2014年11月24日 月曜日

コン!にちは!

そばかうどんかで言ったらそば派!きつねかたぬきかで言ったらきつね派!

よってきつねそば大好きだけど市民権得られてなくて悲しいレコメンドロック川崎の料理長、長島です!コンコン!

 

さて、川崎市中原区、元住吉の駅から程近いアパートで鍵の交換をしてまいりました。

以前にウチの野々村氏(ダイエット中)が一度鍵交換に伺ったものの、

取り付けのクリアランスがシビア・・・というかぴっちぴちのキッツキツで互換製品での交換ができず、

まったく同じ製品を取り寄せて、本日改めての取り付け作業です。

 

DSC_0899_R

これである。(写真は交換後ですが)

 

DSC_0898_R

おわかりいただけただろうか・・・

 

謎の格子が追加されたアルミ戸。

その格子の間にぴっちりとハマった握り玉・・・・

我々に鍵を交換させまいとする何者かの怨念だとでも言うのだろうか・・・

 

いやしかし、本当になんでこんな作りなのだろうか?

現状より防犯性の高い鍵に交換する案もありましたが、

この取り付けクリアランスが問題となり同じ製品しか取り付けられませんでした。

 

もちろん格子を削ってしまったりすればいくらでもやりようは有りますが。

それはまた別問題になってきますからねぇ。

鍵交換は本当に色々なパターンがあって戸惑うことばかりです。

もっともっと場数踏まないと。もっとお仕事するぞぉ~ぅ

 

そうそう、今日からフォントサイズを少し大きくしました。

だから何だ。と言われれば何でもない。